秋空の下 東京湾上をおよそ16000人が快走 ちばアクアラインマラソン2018

2018-10-22
海と日本PROJECT in 千葉県

 ちばアクアラインマラソンが21日開催され、約1万6千人のランナーが海の上、アクアラインを駆け抜けました。

 青空が広がる絶好のマラソン日和になった、午前10時、スターターを勤めた森田知事の号砲で木更津市潮浜公園を続々とランナーがスタートしました。4回目となる今回の「ちばアクアラインマラソン」はフルマラソン、ハーフマラソンに加え、車いすハーフマラソンが行われ、木更津市、袖ケ浦市にまたがるコースを駆け抜けました。最大のポイントは、東京湾アクアラインの橋梁部分。ランナーは海の上の景色と東京湾の風を感じながら颯爽と駆け抜けました。なお、この模様は27日夜10時からの「ウィークリー千葉県」で詳しくお伝えします。

関連記事

関連リンク

ページ上部へ戻る