館山夕日桟橋にあるモニュメント象「ブルーフレイム」

2019-1-17
海と日本PROJECT in 千葉県

  館山市にある桟橋形式としては、日本一長い桟橋の「館山夕日桟橋」。海岸通りから500mの長さがあります。「館山夕日桟橋」の中間地点の置かれている青いモニュメント象は、館山湾に多く生息している「ウミホタル」をイメージして造られました。「ウミホタル」は、求愛をするときに青く発光し、幻想的な青い炎のように光ることから「ブルーフレイム」と名付けられました。このモニュメント象は、恋人同士やご夫婦を幸せに導くと言われています。
 天候が良い日には、モニュメントの向こう側に富士山が見えますよ♪

関連記事

関連リンク

ページ上部へ戻る