全国の中高生たちが「海」を研究「マリンチャレンジプログラム」全国大会

2018-4-19
海と日本PROJECT in 千葉県

 全国の中高生たちが「海」に関わる研究成果を発表する熱いプレゼン大会が開かれました。3月28日、東京都内で行われた「マリンチャレンジプログラム」の全国大会は、人と海との未来を創り出す仲間をつくる「海と日本PROJECT」の一環で日本財団などが初めて開催したものです。

 大会には全国5つの地区から選抜された16チームが出場し、千葉県からも関東大会を勝ち抜いた千葉大学教育学部附属中学校が参加しました。千葉大附属中チームは「膜を用いた海水淡水化への挑戦〜イオン解析による膜の性質の調査〜」をテーマに災害時などの水不足時に、海水から塩分を取り除き飲料水として利用する実験について発表しました。そして、審査の結果、東京湾にいる身近な魚「トビハゼ」の習性を研究した東京都のかえつ有明高校が最優秀賞に選ばれました。

千葉大学教育学部附属中学校2年 藤堂博仁さん
「今まで2年間研究を進めてきて改めて理科の面白さにも気づいたし、海水淡水化という技術が現段階ではあまり身近ではないが、より一般に普及していって社会の役に立てるような研究を進めていきたい」

関連記事

関連リンク

ページ上部へ戻る