オススメ!海が舞台の本④『エンデュアランス号漂流記』著者:アーネスト・シャクルトン

2018-2-20
海と日本PROJECT in 千葉県

そごう千葉店9階にある「三省堂(さんせいどう)書店」からおすすめの本を紹介!
チバテレ情報番組「シャキット!」(2月19日放送)で特集しました。

南極大陸横断を企てたイギリスの極地探検家、アーネスト・シャクルトンが1914年12月、南極に向け出港します。
しかし船は氷に閉じ込められて南極海を漂流。さらに船自体が破壊され、氷上で過ごすことに・・・。
絶望的な状況でも希望を失わず、冷静さを保ち、1年10ヶ月の苦難を耐え抜いて生還した、奇跡の記録です。

『エンデュアランス号漂流記』
 著者:アーネスト・シャクルトン 著 木村義昌/谷口善也 訳
発行所:中央公論新社
 定価:843円(税込)

関連記事

関連リンク

ページ上部へ戻る