レポート
2024.02.06

2月6日「海苔の日」 千葉県富津市名産の海苔4千食分を市に贈呈

 2月6日は「海苔の日」です。

 千葉県富津市では5日、市内の子どもたちに地元名産の海苔がプレゼントされました。

 

 贈呈式は富津市の飯野小学校で行われ、新富津漁業協同組合から味付け海苔約4000食分が市に贈られました。

 贈呈式で小泉敏組合長から「子どもたちが給食で食べて海苔のことを話してもらえれば」と伝えられると、代表として出席した6年生の立川昊靖さんと高田彩永さんは「不作と聞いている中、貴重な海苔をいただけてうれしいです」と感謝の言葉を述べました。

 富津市の海苔は江戸前海苔として高い評価を受けていて、県内で生産される海苔の約8割を占めています。

 海苔の贈呈は子どもたちに地元名産の海苔を食べてもらい、ふるさとの味を伝えていこうと、40年ほど前から行われていて今回贈呈された海苔は3月に市内11の小中学校と13の保育所などで給食に提供されるということです。

 児童は―
「おいしい海苔がもらえてうれしい。給食でご飯の上にのせて食べる」

「自分の住んでいるところで作られた海苔を食べていると思うと、土地と一体化した感じがする」

\ 記事をシェアしよう /
X LINE ニュースを共有

関連リンク

千葉県内海水浴場 今シーズンの開設は55か所 水質も「適」で太鼓判
レポート
2024.07.08

千葉県内海水浴場 今シーズンの開設は55か所 水質も「適」で太鼓判

アクアラインの上”だけ”走るコース 販売へ 7月1日から受け付け開始!
レポート
2024.07.01

アクアラインの上”だけ”走るコース 販売へ 7月1日から受け付け開始!

ページ内トップへ