2017.6.24館山市で“アマモ”花枝採集会が開催

2017-7-4
海と日本PROJECT in 千葉県

 多くの生き物たちの棲家、えさ場、産卵場となることから「海のゆりかご」と 呼ばれている“アマモ”という海草があるのを皆さんはご存知ですか? 沖ノ島は、北限域のサンゴを代表する豊かな生態系を育み、海の生き物と身近に触れ合うことが出来ます。貴重な自然が残る私たちの大切な「宝」です。そして、近年人気のスポットとなっています。ところが、そのアマモが減少、生態系への影響が危ぶまれています。

 豊かな沖ノ島を将来に引き継ぐため、この活動が館山市で6月24日に行われました。

 

採集会の活動の様子

  1. 集まった子どもや参加者へ説明の様子(1)
  2. 集まった子どもや参加者へ説明の様子(2)
  3. 会場となった館山市の海岸

【開催概要】

■ 活 動 内 容

アマモの種子を採るための花枝を海に入って採集。そして自生しているアマモから種をとり、育ててから沖ノ島に移植します。

 アドバイザー 海洋環境専門家 木村尚さん

日 時 2017年6月24日(土)9:30~12:00頃(小雨決行・荒天時は6/25に延期) 参加無料(要申し込み) 会 場 館山市 千葉県館山市館山96

関連ページ:https://www.facebook.com/events/1785416848438545/?active_tab=about

関連記事

関連リンク

ページ上部へ戻る