menu

東京オリンピックのサーフィン会場となる一宮町 オリンピック3年前イベントが行われました。

東京オリンピックまで後3年となった7月24日、新種目となるサーフィンが行われる千葉県一宮町でカウントダウンイベントが行われました。
また大会会場となる一宮町の釣ヶ崎海岸ではデモンストレーションや、おもてなしの意識を
高めるために、海岸のゴミ拾いが行われました。

レポーター紹介

村山絢香チバテレアナウンサー

関連記事

  1. 2月末まで開催中!「ふっつ生のりフェア」

    12月15日(金)から2月28日(水)まで、今年で10回目となる「ふっつ生のりフェア」が開催となりま…

  2. 11月27日の番組「シャキット」にて「冬の海の…

    11月27日(月)の情報番組「シャキット!」の特集テーマは「冬の海の楽しみ方」です。皆様からたく…

  3. 一宮町の釣ヶ崎海岸で「東京2020オリンピック…

    東京オリンピックまであと3年!サーフィンの競技会場となる一宮町の釣ヶ崎海岸ではイベントが開かれ、若手…

  4. 「うみぽすグランプリ2017」開催中!ポスター…

    「うみぽすグランプリ2017」で、あなたの力作を大募集!海のポスターコンテスト、海のCM風動画を募…

  5. 9月23~24日は大原はだか祭りが開催!

    9月23日と24日の土曜・日曜は、いすみ市にある大原漁港や大原海水浴場などで「大原はだか祭り」が開催…

  6. 7/1の海開きを前に、160人が白里海水浴場を…

     大網白里市の白里海水浴場で行われたボランティア清掃には、市の建設業協会や、観光協会など6団体からお…

PAGE TOP