menu

7/1の海開きを前に、160人が白里海水浴場を清掃しました。

 大網白里市の白里海水浴場で行われたボランティア清掃には、市の建設業協会や、観光協会など6団体からおよそ160人が参加しました。広く長く続く九十九里浜、参加者はまずは全員で砂浜に落ちているビニールやたばこの吸い殻、木の枝などのごみを拾い集めました。そのあと海岸の駐車場では女性たちがゴミ拾いをする一方、建設業協会の人たちは道路や駐車場に溜まった大量の砂を重機を使って取り除く作業を進めました。

参加者
「生まれも育ちも大網白里なんですけど、昔からにぎわっている白里海岸が大好きなので、こういう活動に関われると気持ちがいいです。観光客が気持ちよく遊んでくれればいいかな」

「(白里海水浴場は)いいところがたくさんあるしおいしいものを食べて帰ってほしい」

 

ボランティア清掃できれいになった白里海水浴場 海開きは7月1日です。

関連記事

  1. 海の魅力発見隊に参加した小学生たちによる手作り…

    チバテレ本社内には、小学生らによる「手作り」な新聞を掲示しています。その名も「千葉の水産業新聞」…

  2. 「海の魅力発見隊」小学生ら “伝統的漁法“の経…

    伝統的漁業を体験した小学生が、その体験した結果を壁新聞にまとめました。…

  3. 2017.7.1一足早い海開き 神官が海の安全…

     夏本番を前に7月1日、大網白里市の海水浴場で海開き式が行われました。…

  4. 大網白里市の地元の中学生が海岸でごみ拾い活動

     私たちの海をきれいに。大網白里市では6月12日、中学生たちが海岸で清掃活動に汗を流しました。海外の…

  5. 映像制作会社「Natural Blue Rec…

    四街道市に拠点を構える映像制作会社「Natural Blue Rec」が日本財団「海と日本PROJE…

  6. 番組で「冬の海の楽しみ方」の情報を募集していま…

     チバテレの朝情報番組「シャキット!」では、毎回様々なテーマを設け、皆様から広く募集をしています。1…

PAGE TOP