menu

沖ノ島アマモ場再生プロジェクト「花枝採集会」 の様子を公開しました。

2017年 #1 沖ノ島アマモ場再生プロジェクト「花枝採集会」 | 海と日本PROJECT in 千葉県

 多くの生き物たちの棲家、えさ場、産卵場となることから「海のゆりかご」と 呼ばれている“アマモ”という海草があるのを皆さんはご存知ですか? 沖ノ島は、北限域のサンゴを代表する豊かな生態系を育み、海の生き物と身近に触れ合うことが出来ます。貴重な自然が残る私たちの大切な「宝」です。そして、近年人気のスポットとなっています。ところが、そのアマモが減少、生態系への影響が危ぶまれています。
 豊かな沖ノ島を将来に引き継ぐため、今年からアマモ場再生プロジェクトが始まりました。

レポーター紹介

大角茉里チバテレアナウンサー

関連記事

  1. 2017年10月7日「国際海岸クリーンアップ~…

    (※写真は、たてやま・海辺の鑑定団ページより引用)2017「国際海岸クリーンアップ~沖ノ島」…

  2. 2017.7.7 地元の漁業体験 小学生が海に…

    地元の漁業について知ろう!7日、勝浦市の児童たちがヒラメの稚魚を海へ放流しました。ヒラメの放流体験に…

  3. 魚をさばいてみよう!「さばける塾」募集中!

    【海と日本プロジェクト~ 「海と⽇本 さばける塾in千葉」~】目  的:プロの講師のアドバイ…

  4. 11月27日の番組「シャキット」にて「冬の海の…

    11月27日(月)の情報番組「シャキット!」の特集テーマは「冬の海の楽しみ方」です。皆様からたく…

  5. 海の向こうは美しい春 ミス大島・椿の女王が伊豆…

    1月から伊豆大島で始まる椿祭りをPRしようと、ミス大島や大島町の町長らが千葉県庁を訪問しました。…

  6. 海の魅力発見隊に参加した小学生たちによる手作り…

    チバテレ本社内には、小学生らによる「手作り」な新聞を掲示しています。その名も「千葉の水産業新聞」…

PAGE TOP