menu

沖ノ島アマモ場再生プロジェクト「花枝採集会」 の様子を公開しました。

2017年 #1 沖ノ島アマモ場再生プロジェクト「花枝採集会」 | 海と日本PROJECT in 千葉県

 多くの生き物たちの棲家、えさ場、産卵場となることから「海のゆりかご」と 呼ばれている“アマモ”という海草があるのを皆さんはご存知ですか? 沖ノ島は、北限域のサンゴを代表する豊かな生態系を育み、海の生き物と身近に触れ合うことが出来ます。貴重な自然が残る私たちの大切な「宝」です。そして、近年人気のスポットとなっています。ところが、そのアマモが減少、生態系への影響が危ぶまれています。
 豊かな沖ノ島を将来に引き継ぐため、今年からアマモ場再生プロジェクトが始まりました。

レポーター紹介

大角茉里チバテレアナウンサー

関連記事

  1. 中央学院大学でうみぽすワークショップが開かれま…

    うみぽすグランプリ2017のワークショップが千葉県我孫子市にある中央学院大学で行われました。…

  2. 千葉県の海水浴場 県が水質に太鼓判!

     海水浴のシーズンが今年もやって来ます! 千葉県内の海水浴場の水質について、千葉県はいずれも「適当」…

  3. 千葉港に「練習船」がやってきた/千葉市(201…

      将来船長や機関長を目指す学生たちが実習を行う練習船の「大成丸」。10日には千葉港に停泊中の大成丸…

  4. 一宮町の釣ヶ崎海岸で「東京2020オリンピック…

    東京オリンピックまであと3年!サーフィンの競技会場となる一宮町の釣ヶ崎海岸ではイベントが開かれ、若手…

  5. 東京湾で赤潮 異臭が漂い魚の死骸も・・・

    千葉中央港など東京湾沿岸部の広い範囲で「赤潮」が発生しています。海岸付近では異臭が漂い、波打ち際には…

  6. シーバードデイ2017が開催されました(7/9…

    7月9日(日)、館山市で「シーバードデイ2017 海と日本プロジェクトin館山」が開催となりました。…

PAGE TOP