menu

全長66キロのビーチクリーン!九十九里浜全域でボランティアらが清掃(2017.8.21)

“拾う心より捨てない心”を広めようと、大学生らが全長66キロに及ぶ九十九里浜全域のビーチクリーンに取り組みました。

九十九里浜全域のビーチクリーンに取り組んだのはNPO法人国際ボランティア学生協会に所属する学生ら400人余りです。

時折強い日差しのさす海岸で、学生らはグループごとに持ち場を決めて、ゴミ袋を抱えながらペットボトルやビニール袋、流木などのごみを拾い上げていました。

NPO法人国際ボランティア学生協会 秋山さん「2020年に東京オリンピックがあり、実際に九十九里浜・一宮がサーフィンの会場になる。自分たちの力ではまだまだ足らないと思うので、いろいろな方を巻き込みながら九十九里全域をきれいにしていきたい」

国際ボランティア学生協会は、環境保全や地域活性化、それに災害救援に取り組む学生ボランティアの団体で、九十九里浜全域のビーチクリーンは“拾う心より捨てない心”を広めようと、2002年から始まったということです。なお、九十九里浜のビーチクリーンは22日も行われました。

関連記事

  1.  「理科の修学旅行」が開催

     子どもたちが、キャンプを楽しみながら科学の学習をしようというイベントが南房総市で行われています。 …

  2. 海と日本プロジェクト 海の魅力発見隊「千葉県の…

    8月21日(月)に千葉市のチバテレ本社にて、「千葉県の伝統的な漁法を発見しよう!」の第1回のオリエン…

  3. 大網白里市の地元の中学生が海岸でごみ拾い活動

     私たちの海をきれいに。大網白里市では6月12日、中学生たちが海岸で清掃活動に汗を流しました。海外の…

  4. 「千葉の伝統的な漁法を発見しよう!」 参加者募…

    海と日本プロジェクト~海の魅力発見隊「千葉の伝統的な漁法を発見しよう!」|チバテレ イベント…

  5. 2017.6.24館山市で“アマモ”花枝採集会…

     多くの生き物たちの棲家、えさ場、産卵場となることから「海のゆりかご」と 呼ばれている“アマモ”とい…

  6. シーバードデイ2017が開催されました(7/9…

    7月9日(日)、館山市で「シーバードデイ2017 海と日本プロジェクトin館山」が開催となりました。…

PAGE TOP