menu

一宮町の釣ヶ崎海岸で「東京2020オリンピック」を盛り上げるイベント(7.24)

東京オリンピックまであと3年!

サーフィンの競技会場となる一宮町の釣ヶ崎海岸ではイベントが開かれ、若手のプロサーファーたちが鮮やかな波乗りを披露しました。

また一宮町役場ではオリンピックまでのカウントダウンカレンダーの除幕式が開かれました。

オリンピック開催まで、輸送や宿泊施設不足など課題は山積していて、これらをどう解消していくか、それぞれの自治体の手腕が問われます。

関連記事

  1. 2017.7.1一足早い海開き 神官が海の安全…

     夏本番を前に7月1日、大網白里市の海水浴場で海開き式が行われました。…

  2. プロレス団体「KAIENTAI DOJO」が白…

    7月17日は海の日!…

  3. 千葉県の海水浴場 県が水質に太鼓判!

     海水浴のシーズンが今年もやって来ます! 千葉県内の海水浴場の水質について、千葉県はいずれも「適当」…

  4. 2017.7.7 地元の漁業体験 小学生が海に…

    地元の漁業について知ろう!7日、勝浦市の児童たちがヒラメの稚魚を海へ放流しました。ヒラメの放流体験に…

  5. 9月23~24日は大原はだかまつりが開催!

    9月23日と24日の土曜・日曜は、いすみ市にある大原漁港や大原海水浴場などで「大原はだかまつり」が開…

  6. 大網白里市の地元の中学生が海岸でごみ拾い活動

     私たちの海をきれいに。大網白里市では6月12日、中学生たちが海岸で清掃活動に汗を流しました。海外の…

PAGE TOP