menu

千葉港に「練習船」がやってきた/千葉市(2017.8.10)

  将来船長や機関長を目指す学生たちが実習を行う練習船の「大成丸」。10日には千葉港に停泊中の大成丸の船内で海洋教室が行われ、千葉県内外の親子およそ60人が参加しました。

練習船内で見学をする子どもたち

参加者は船員たちが運動するスペースや、船を操縦するブリッジと呼ばれる区画など、船内の様々な場所を見学したり、実際に舵を操作するシミュレーターを体験しました。教室を主催した日本海事広報協会は「この教室を通して船や海、港の重要性を知ってもらいたい」と話しています。

関連記事

  1. 「くじらの骨盤」を研究 千葉県立中央博物館研究…

    「(海には)まだまだたくさんわからないこともあって、謎と不思議の詰まった宝箱」です。…

  2. シーバードデイ2017が開催されました(7/9…

    7月9日(日)、館山市で「シーバードデイ2017 海と日本プロジェクトin館山」が開催となりました。…

  3. 千葉県セーリング連盟が検見川浜でごみ拾い(7.…

     千葉県セーリング連盟が7月17日(月・祝)の海の日に千葉市内の検見川の浜でごみ拾いを行いました。…

  4. 「千葉の伝統的な漁法を発見しよう!」 参加者募…

    海と日本プロジェクト~海の魅力発見隊「千葉の伝統的な漁法を発見しよう!」|チバテレ イベント…

  5.  「理科の修学旅行」が開催

     子どもたちが、キャンプを楽しみながら科学の学習をしようというイベントが南房総市で行われています。 …

  6. 南房総白浜 秋まつり 「房州海老(伊勢海老)祭…

    南房総白浜 秋まつり「房州海老(伊勢海老)祭り」南房総の秋まつり 10月は「房州海老(伊…

PAGE TOP