「恋人の聖地」に認定 館山市の”鏡ヶ浦” 夕陽は神秘的で写真映え

2017-12-8
海と日本PROJECT in 千葉県

房総半島の南端にあり、館山湾や太平洋に面し内陸部には丘陵・田園が拡がる館山市。
その館山市の海岸線には絶景ポイントがあります。
見通しが良いと館山湾越しに富士山を望めたり、夕陽の絶景や砂浜が広がる平砂浦海岸など、どれも”インスタ映え”になるスポットです。
そんな館山湾は別名”鏡ヶ浦”と呼ばれています。

また、NPO法人地域活性化支援センター(静岡市)が主催する『恋人の聖地/鏡ヶ浦から富士の見えるまち 館山』にも選定されました。
一度のみならず何度行っても神秘的な鏡ヶ浦。写真は12月7日の午後4時ごろの館山市の北条海岸の海岸線の様子です。

関連記事

関連リンク

ページ上部へ戻る