menu

2017.7.7 地元の漁業体験 小学生が海にヒラメ放流 /勝浦市

地元の漁業について知ろう!7日、勝浦市の児童たちがヒラメの稚魚を海へ放流しました。ヒラメの放流体験に参加したのは勝浦市立興津小学校の全校生徒55人です。勝浦市の基幹産業である栽培漁業を児童たちに知ってもらおうと夷隅地域栽培漁業推進協議会が中心となってヒラメの稚魚約900尾の放流が行われました。

ヒラメ稚魚の放流体験(勝浦市)

  1. ヒラメを放流する児童たち(勝浦市)
  2. ヒラメを放流する児童たち(勝浦市)
  3. ヒラメを放流する児童たち(勝浦市)

 栽培漁業とは、卵から稚魚になるまでの期間を人の手で育て、カニなどの外敵から身を守れる大きさになってから海に放流し、成長したものを漁獲するものです。児童たちは初めての経験に、「かわいい!」「いってらっしゃい」などと声をかけながらヒラメを優しく海に放ち、泳いでいく姿を見守っていました。

 参加した児童「力強い感じでずっと生きてほしいなって思った」
「生き物の大切さも知れた」

 なお、7日に放った10センチのヒラメの稚魚は1年経つと35センチまで成長するということです。

関連記事

  1. 2017.7.1一足早い海開き 神官が海の安全…

     夏本番を前に7月1日、大網白里市の海水浴場で海開き式が行われました。…

  2. 中央学院大学でうみぽすワークショップが開かれま…

    うみぽすグランプリ2017のワークショップが千葉県我孫子市にある中央学院大学で行われました。…

  3. 「千葉の伝統的な漁法を発見しよう!」 参加者募…

    海と日本プロジェクト~海の魅力発見隊「千葉の伝統的な漁法を発見しよう!」|チバテレ イベント…

  4. 4割の日本人が「海に入るのが嫌い」 調査結果で…

     千葉県観光の夏の目玉といえば「海水浴」ですが、日本財団の調査で海に入ることの嫌いな人が4割に上るこ…

  5. 沖ノ島アマモ場再生プロジェクト「花枝採集会」 …

    2017年 #1 沖ノ島アマモ場再生プロジェクト「花枝採集会」 | 海と日本PROJECT in 千…

  6. 海の日の意義・海の安全教室 について公開!

    海の日の意義・海の安全教室 | 海と日本PROJECT in 千葉県 海の日が制定された歴史…

PAGE TOP